三沢青年会議所(JC=Junior Chamber)は”明るい豊かな社会”の実現を同じ理想とし、 時代の担い手たる責任感をもった20歳から40歳までの指導者たらんとする団体です。

青年は人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意思によりその居住する各都市の青年会議所入会できます。 50年の歴史をもつ日本の青年会議所運動は、めざましい発展を続けておりますが、現在709余りの都市に4万余名の会員を擁し、全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所が東京にあります。

全世界に及ぶこの青年運動の中枢は国際青年会議所ですが、123ヵ所の国及び地域に98NOM(国際青年会議所)があり、約26万人の会員が国際的な連携をもって活動しています。

日本青年会議所の事業目標は”社会と人間の開発”です。 その具体的事業としてわれわれは市民社会の一員として、市民の共感を求め社会開発計画による日常活動を展開し、「自由」を基盤とした民主的集団指導力の開発を押し進めています。さらに日本の独立と民主主義を守り、自由経済体制の確立による豊かな社会を創りだすため、市民運動の先頭に立って進団体、それが青年会議所です。

青年会議所は活動の基本を「奉仕」「修練」「友情」におき、怪異は「明るい豊かな社会を築き上げる」ことを共通の理想としています。 また、会員相互の啓発と交流をはかり、公共心を養いながら、地域との協働により社会の発展に貢献することを目的としています。

名称公益社団法人 三沢青年会議所
設立1963年11月17日
事業所所在地〒033-0011 三沢市幸町2丁目1-1 三沢市商工会館 3F
正会員数25名(2018年1月現在)
シニア会員122名(2018年1月現在)
理事・役員
  • 理事長 新堂 友和 (理事長所信はこちら
  • 直前理事長 西村 盛男
  • 外部監事 渡辺 卓也
  • 外部監事 濱田 繁男
  • 専務理事 築井 生
  • 副理事長 附田 一仙
  • 副理事長 中村 貴大
  • 副理事長 加澤 和樹

組織図Organization

三沢青年会議所 組織図

2018年度事業計画2018plan

主催事業

主催事業
  • 第22回三沢・沖縄児童交歓事業(送り出し)
  • 第26回シーサーオープンチャリティーゴルフトーナメント事業
  • 第38回三沢国際サマーフェスティバル事業

支援事業

支援事業
  • 青森ブロック協議会主催事業への支援
  • 東北地区協議会主催事業への支援
  • 日本青年会議所主催事業への支援
  • 小川原湖ロマン会議への支援
  • 南部州デザイン会議への支援
  • 大空のまち みさわスカイフェスタへの支援
  • 三沢アメリカンデーへの支援
  • みさわ国際交流会への支援

協力事業

協力事業
  • 他青年会議所主催事業への協力
  • 行政、各種団体主催事業への協力

委員会別事業計画Committee Plan

総務委員会

  • 新年会・卒業式を含む各種総会の担当例会
  • 諸会議・総会等における議事録の作成・管理
  • ホームページ並びにSNSの作成
  • 担当事業後のホームページ並びにSNSの更新
  • 積極的な会員拡大の推進

青少年育成委員会

  • 未来を担う青少年の育成
  • 第27回シーサーオープンチャリティーゴルフトーナメントの実施
  • 第21回三沢・沖縄児童交歓事業の実施
  • 担当事業後のホームページ並びにSNSの更新
  • 積極的な会員拡大の推進

地域活性化委員会

  • 活力と魅力溢れるまちづくりにつながる事業の開催
  • 第38回三沢国際サマーフェスティバルの実施
  • 担当事業後のホームページ並びにSNSの更新
  • 積極的な会員拡大の推進

財政局

  • 三役会議・理事者会議・総会における予算資料確認・取りまとめ及びデータ管理
  • 公益法人制度に対応する正確な会計業務と帳簿類の管理
  • 公益社団法人格取得申請・更新に係る庶務全般
  • 積極的な会員拡大の推進

事務局

  • 専務理事の庶務の補佐
  • 三役・理事者会議の出席確認
  • 各種行事大会等の出席確認
  • 事務局の円滑な運営並びに管理
  • JC青森ブロック災害支援ネットワークの対応窓口及びTADSネットとの連携

人間力拡大推進室

  • 入会3年未満の会員へのJCについての啓発活動、新入会員へのフォローアップ
  • 会員拡大対象者リストの取りまとめ並びに進捗状況の管理
  • 積極的な会員拡大の推進